2014年度のブログはメニューからお入りください。

2014年

12月

31日

来年もよろしくお願い致します。

汐見台ラッキーの関係各位、今年も色々とありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

 汐見台ラッキーの選手のみんな。一日10回でも良いので、毎日素振りをする習慣をつけましょう。必ず今とは違う自分がそこにいます。

6年生は、皆頑張っていたよ。

 よろしくね。

0 コメント

2014年

12月

30日

2014年度の総括

 監督、コーチでもないのに総括とは何事か!と言われそうですが、広報ならではの総括とさせていただきます。

 Aチームとしての試合は、83試合。そのうちA2チームとしての試合が25試合ありました。A2チームの結果は9勝14敗の勝率3割7分5厘。総当たり戦が3大会あり、そのせいで勝率が低いかもしれませんが、逆にそれだけ試合が出来たことが良かったと思います。

 A2チームの試合を除いたAチーム(A1チームではありません)としては、58試合。49勝9敗で勝率は8割4分8厘でした。

汐見台ラッキーの先攻では、19勝4敗で、後攻では30勝5敗。先攻でも後攻でも負け数は変わりませんが、後攻のほうが勝率は高い結果となっています。

 1試合の平均得点数は7.88点で、失点数は1.43点でした。コールド試合での勝敗もありますのでなんともいえませんが、ほぼ1試合で7点は取っているという計算になります。失点は2点以下であり、いかにピッチャー陣や守備陣が守る野球ができたかと言うことになるかと思います。

 汐見台ラッキーの強さは、エース級のピッチャーが複数人いたことだと思います。ダブルヘッダーがあっても、何とか戦うことが出来ました。また、攻撃にしても、前半は先に点を取られると負けてしまうことが多かったと思いますが、東京新聞旗争奪大会から、先制されても逆転できる力がついてきたところも強さの秘訣でした。しかしながら、6年生が病気などで試合に出場できなくなっても、5年生がきちんとフォローできる体制があったのが、一番の強さだったと思います。秋以降は、A2チーム(新Aチーム)としての試合活動が増えてきて、A1チームだけで戦わなければいけない試合は、なかなかつらいものがありました。

 今年の目標での一つであった、YBBL本部大会出場は、春と秋共に実現しました。春大会では、ブロック予選の1回戦で特別ルールの延長戦で3対1で負けてしまった相手と第二代表の決勝戦で再度対戦し、4対8で勝ち本部大会に出場しました。

 夏の東京新聞旗争奪大会では、今まで対戦したことのないチームと戦うことが多く、様々な相手チームの戦術の中でも自分達の野球を貫き通し、すべての試合で9点以上取っても、3点以下で抑えているのが汐見台ラッキーの野球と言えるでしょう。

 などと書いていたら、かみさんから、『まずはパソコンの周りを掃除してからにしてくれるかな』と怒られました。昨日も大掃除しながらと書きましたが、実はしていません…。てへ。

 

 皆さんも大掃除がんばりましょう。

0 コメント

2014年

12月

29日

いろいろ更新中

 2014年度も残すところ後3日。大掃除もしながら、HPもわずかながら更新中。

今日は、久しぶりに動画をアップしました。

21世紀カップの雨の中の特別延長戦を制した決勝戦です。関係者ページから入ることが出来ます。

 勝利した試合も楽しいですが、負から学ぶことも多く、負けた試合も載せています。何でもかんでも載せているわけではなく、接戦を制した良い試合や、ちょっとしたミスが命取りで負けてしまった試合などです。

 ちなみに今まで載せている動画の中で一番見られているのは2014年の新年会で選手達が今年の抱負を述べている画像。試合動画はなかなかじっくり見ることは難しいですね。

プロ野球ニュースのように3分ぐらいで試合内容がわかるようにできたらなぁ、と思っていましたが、結局無理でした。

 動画だけでなく、写真館のほうも徐々に画像がアップされています。こちらは短時間でいろいろ楽しめると思いますので同時にお楽しみください。

0 コメント

2014年

12月

27日

2014年もお疲れ様でした。

朝の合同体操
朝の合同体操

 ブログやめてしまうんですか、もっと続けてください。などという言葉はどこからも聞こえてきませんし、また余計なことを書いて…と言うかみさんの言葉がただただ聞こえてくるだけですが、もう少し続けさせてもらいたいと思います。

 今日は、汐見台ラッキーの練習納めの日。IKSの優勝で、6年生は一区切り。今日から自由参加となりました。基本球拾いといわれている中、参加した選手は、いつも通りガッツリ練習をさせてもらいました。

 キャッチボールは是非5年生や4年生とやってほしかったのですが、何故かそれが出来ない、旧キャプテン。『誰か相手のいない人いる?』と聞いたところで、誰も手を上げないと思うけどね。『○○、一緒にやろう。』と言わないと。リコやキイチ、コウタ、一緒にどうかな? 

Bチームの守備練習
Bチームの守備練習

 体操の後は、Aチーム、Bチームと分かれての練習となりました。

 Bチームは守備練習とバッティング練習。

来年からは主力となる2,3年生。冬の間にみっちりと基礎練習をこなして、春の暖かい季節と共に、練習の成果を花開かせましょう。

 そのためには今のうちに、素振れ、素振れ。

 

 汐見台ラッキーの監督、コーチ。そして選手のお父さん、お母さん方、そして選手のみんな。1年間お疲れ様でした。今年はどのような年だったでしょうか。チームとしては目標であったYBBLの本大会に春、秋と出場できました。また、東京新聞旗争奪神奈川県学童軟式野球選手権大会で優勝し、いろいろな大会で紹介され、祝福されたのは、喜ばしいことでした。

そして新Aチームでは、磯子区大会新人戦で3位になったこと、Bチームもたくさん試合をこなし、確実に力をつけていたり、来年からの新体制での汐見台ラッキーの成長がとても楽しみです。

 これからも公私混同となるかもしれませんが、卒団式までは、もう少しブログを続けて行きたいと思います。


2 コメント

2014年

12月

23日

そして終演(IKS決勝戦)

 今日は、IKS決勝戦。とうとう6年生の最後の試合、泣いても笑ってもラッキーのユニホームで戦う公式戦の最終戦となりました。

 対戦相手は、今年4戦目の杉の子クラブさんです。キャプテンの先攻後攻を決めるじゃんけんは、まだ勝ったことがありません。 縁起を担ぐ管理人は、今日も負けてほしいと思いながら見ていたら、4敗目。幸先が良いようです。

 汐見台ラッキー先攻での攻撃です。ピッチャーはコウタロウ、キャッチャーはケンタロウの黄金バッテリーです。

 1回表、1番、ユウタ。サードゴロで1アウト。2番、ナツキ。ライト前のヒットで1アウト1塁。3番、ケンタロウ。セカンドフライの後逸があるもセカンドでアウト。4番、タツシ。サードゴロでチェンジとなる。

 1回裏、1番打者がライト越えの2BHでノーアウト2塁。しかし、2番打者をセカンドフライ、3番打者を三振、4番打者をショートゴロに抑えて、0対0。

 2回表、5番コウタロウ、レフトフライで1アウト。6番ショウゴ。センター前のヒットで1アウト1塁。しかし、7番ハヤトがレフトフライ、8番ケイタロウがセカンドゴロでチェンジ。

 2回裏、5番打者にレフト前ヒットうたれ、ノーアウト1塁。6番打者をキャッチャーフライで1アウト。7番打者のセカンドゴロを4→6→3でゲッツーでチェンジ。この回も0対0で進んだ。

 3回表、9番シュンスケ。ライト前のヒットでノーアウト1塁。1番に戻りユウタのセンター前のヒットで1,2塁。2番ナツキのレフトフライで1アウト。3番ケンタロウのセンター前ヒットで1点を先取するも、4番タツシのセンターフライで2アウト。しかし5番コウタロウのセンター前の2BHで2点追加で3対0。6番ショウゴのセンター前ヒットで4点目。この回4対0となりました。

 3回裏、8番、9番を三振。1番をファーストフライで3アウトチェンジ。

 4回表、8番、9番がサードゴロで2アウト。1番に戻りユウタのセンター前ヒットで2アウト1塁で、盗塁。2番ナツキのファーストフライでチェンジとなった。

 4回裏、2番打者をセカンドゴロ、3番打者をショートフライで2アウト。4番打者にレフト前ヒットを打たれましたが、5番打者をセカンドゴロに抑えてチェンジ。

 5回表、3番ケンタロウがレフト前ヒット。4番タツシがサードゴロで1アウト。5番コウタロウがセンターフライで2アウト。6番ショウゴがセンター前で2アウト1,2塁になるが、1塁への牽制で3アウトチェンジとなりました。

 5回裏、6番打者にレフト前の2BH。7番打者をセカンドゴロで1アウト3塁。8番打者のピッチャーライナーで2アウト。飛び出していた3塁走者をアウトにしてチェンジとしました。

 6回表、7番ハヤトはセカンドゴロで1アウト。8番ケイタロウが四球を選びすかさず盗塁で1アウト2塁。9番シュンスケのセンター前ヒットで5点目。1番ユウタの猛打賞となるレフト前2BHで2,3塁。2番ナツキのピッチャーゴロでホームに突っ込んだシュンスケがアウト。3番ケンタロウも猛打賞となるライト前2BHで2点追加で7点目。4番タツシのレフト前ヒットで8点目となりました。

 6回裏、9番打者を三振。1番打者をファーストゴロ、2番打者をレフトフライの抑えて3アウトチェンジ。コールドとなり結果、8対0で勝利、優勝となりました。 

 

 最終戦も、優勝と言う形で締めくくることが出来ました。選手の皆さんお疲れ様でした。そしておめでとう。そしてそしてありがとう。

バーズで優勝すると焼肉パーティーと言う約束がなくなり、次の目標が、21世紀カップの優勝、そして本日IKSでの優勝で焼肉パーティーとなり、本日開催されました。

みんなたらふく食べたかな。

  

【おまけ】

 とうとう最後の最後でキャプテンタツシがやってくれました。

昨日の朝、頭が上がらないと訴えるタツシ。あわてて病院にいきましたが、今までの疲れか、首の筋肉が断裂しているという、ひどい寝違いのような症状とのこと。治療法はなく3日間静養しなさいという診断。明日決勝戦があるのですがと言いましたが、それなら、やるしかないですね。但し監督さんがどう使うかですけど、と先生。

 今までどおり、4番ファーストで使ってくれました。ヒットは1本しか打てませんでしたが、周りの選手が繋げてくれました。今のラッキーの強さは、みんなでお互いを補い合い、助けあえるところだと思います。

 ブログも本日で終わりになるかもしれません。今までありがとうございました。

またいつか会える日を楽しみにしています。

1 コメント

2014年

12月

21日

最終章に突入(IKS準決勝)

試合前挨拶
試合前挨拶

 昨日の21世紀カップ京急沿線少年野球大会の優勝の感動覚めやらぬ間に、今日はIKSの準決勝が行われました。

 京急カップが終わったので、6年生にとってはついに最後の大会となってしまったIKSは、準決勝、決勝と勝ち進めば残り本当に2試合となってしまいました。

 昨日の雨の中の2試合でしたが、最後の試合となる6年生は体調を崩す選手は一人もなく、本日を迎えました。

 本日の対戦相手は、港南台メッツさんです。汐見台ラッキー先攻での試合開始となりました。

 1回表、先頭打者がいきなりライト前のヒット、2番打者がサードの内野安打で1,3塁、盗塁して2,3塁。3番打者のサードゴロが相手のミスを誘い、2点先取。4番打者の四球パスボールで3点目。6番打者のレフト前ヒットで4点を追加して、9番打者まで回りチェンジとなりました。

 1回裏は、三振、ショートゴロ、サードゴロと押さえてチェンジ。

 2回表も2点追加し6対0。3回表も1点追加しましたが、3回裏に1点を返され、7対1。

 しかし、4回表には、打者一巡し6点追加。4回裏を0点に押さえて試合終了、結果12対1で決勝戦進出となりました。


 決勝戦の相手は、杉の子クラブさんです。今季4回目の対戦となります。お互い6年生最後の試合となるかと思いますが、汐見台ラッキー6年生選手達、絶対悔いが残らないように全力で戦いましょう。但し、いつも通りの気持ちで、あせらず、ゆっくりと、です。

 

2 コメント

2014年

12月

20日

21世紀カップ京急沿線少年野球大会。優勝!!

 汐見台ラッキーAチームは、残す試合はあと2大会。そのうちの大会である21世紀カップ京急沿線少年野球大会の準決勝戦がありました。同日に決勝戦があり、泣いても笑っても今日で一つの大会が終わってしまうことになります。

 どうせ終わるなら優勝して終わりたいと言うのがみんなの願い。

 天気予報では、90%の雨の確率。30分時間を早めての試合開始となりました。

 汐見台ラッキー後攻です。初回を0点に抑えたその裏、先頭打者が四球を選びノーアウト1塁、すかさず盗塁。3番打者のセンター前ヒットで1点先取しました。

 2回はお互い0点、3回表は守備のミスもあり、1点取られて同点となりましたが、3回裏、2番打者がセンターを越える2BH、4番、5番とヒットをつなぎ、7番打者がライト前にヒット、2点を追加し、1対3。

 4回表、この回も守備のミスで2点目を取られて2対3となりました。4回裏、1アウト後、1番打者が出塁し、2番打者が四球、3番打者のゴロで4点目を追加、4番打者レフト前2BHで5点目、5番打者のセンター前2BHで6点目を取りました。5回を0点に抑えて、その裏の攻撃、9番打者のヒットで1点を追加したところで時間となり、試合終了。2対7で勝利し、決勝進出を決めました。

 

試合後挨拶
試合後挨拶

 対戦相手が決まる、もう一つのブロック準決勝の後、決勝戦が始まりました。

 小雨が降りしきる中、汐見台ラッキー先攻での試合開始です。

 対戦相手は、去年の21世紀カップ京急沿線少年野球大会の1回戦で対戦し、11対4で負けているレインボーファイターズさんです。

 3回裏にライトへのソロホームランを打たれ、0対1。そのまま回は進み、5回表、8番打者がランニングホームランを打ち、1対1の同点としました。

 その後、お互い0点のまま7回裏が終了、1対1のまま特別ルールでの延長戦に突入しました。1アウト1、3塁からのスタートです。

 先攻のラッキーは、打順よく2番打者からの攻撃でしたが、1stフライで2アウト。3番打者がサードゴロでアウトとなり、まさかの0点です。

 相手ベンチが盛り上がる中、汐見台ラッキーはいつものペースで試合に臨みます。

こちらも同様に1アウト1,3塁から。8番打者をレフトフライに、9番打者を1stゴロに打取り1対1のまま9回に突入です。

 9回表、1アウト1,3塁として4番打者の登場。見事センターの頭を越える2BHを放ち、2点を追加。3対1としました。

 雨が一段と激しさを増す中、相手チームの攻撃です。この回を抑えればもちろん優勝です。

目に見えないプレッシャーがあるのか、普段あまりしないようなミスがあり、あっという間に同点とされ、なお2アウト1,2塁となりましたが、何とかここで攻撃を断ち切りました。

 10回の表、7番打者からの攻撃、ワイルドピッチで4点目、その後見事2BHを打ち、5点目。8番打者が四球を選び、1アウト1,2塁。9番打者のヒットで満塁。1番打者に戻り、センター前ヒットで2点追加し、7点目。2番打者も2BHで2点追加で9点目、3番が四球を選び、1アウト1,2塁。4番打者のレフト越えの2BHでさらに2点追加、11点目を取りました。

 終わってみると11対5で勝利し、見事優勝となりました。

 選手のみんな、ありがとう!! そしておめでとう。


 そして、明日からは、最終章へ突入します。

1 コメント

2014年

12月

19日

残すは2大会のみ

 今週末は、六年生最後の2大会、21世紀カップ京急沿線少年野球大会とIKSが開催されます。

しかも土曜日は、21世紀カップ京急沿線少年野球大会の準決勝と決勝戦があります。

そんなに急いで結果を出すことは無いのにと思いながらも月日は流れていきます。

ただただ、選手の子供たちには普段どおりに戦ってもらいたいと思っています。

 投手は、野手を信じて打たせてとるピッチングを、打者は、次のバッターを信じて自分が塁に出れるように、打ち上げないように、仲間を信じて、そして自分を信じて戦っていってほしいと思います。

 バーズ旗争奪少年野球大会で流した涙は、きっと後悔があったからだと思います。負けても悔いが残らないよう、一瞬一瞬にベストを尽くしてもらいたいです。

 自分達がみんなで協力して戦ってきた経験は、きっと財産になっています。今こそその経験を生かす時です。

 今までどおり、普段どおり、仲間を信じて、自分を信じて、よい一日となるように。

 

0 コメント

2014年

12月

14日

さわやかカップとIKSとクリスマス会

クリスマス会
クリスマス会

 今日の汐見台ラッキーは、新AチームのさわやかカップとAチームのIKS準々決勝、そしてクリスマス会がありました。

 まずは、新Aチームのさわやかカップからです。

 今日の対戦相手は、東本郷レインボーズさんです。

 汐見台ラッキー先攻での試合開始です。昨日同様、みんな元気で大きな声が出ていました。良い守備には、ナイスプレー、ミスがあってもドンマイなどと言うチームが一丸と感じるような声援がありました。チーム内での声かけは、これからもどんどん増えていってもらいたいです。

 守備では、エラーもありましたが、レフトのトモヒロが難しいフライを地面ぎりぎりのランニングキャッチをを決めた場面や、セカンドリコもナイスプレーで2つのアウトを取るなどいいプレーが沢山ありました。

 攻撃では、リクのセンターへの打球で1点を取り、相手のミスにも助けられ1点を追加しましたが、結果は2対2の同点で終わりました。


 次は、IKSの準々決勝戦。対戦相手は梅林杉田さん。屏風ヶ浦大会の1回戦で対戦しています。

 汐見台ラッキー先攻での試合開始です。1回表2アウトから、3番ライト前ヒット、4番センター前の2BHで1点先取。ワイルドピッチの間にさらに1点。初回に2点取りました。

2回表8番がレフト前ヒットの2BH、9番が走者を進める打撃で3塁。1番打者のフライをキャッチされ、飛び出していた3塁走者をアウトを取るために3塁に送球するも逸れてしまい、3点目。

6回表にも1点、7回表にも2点追加し、結果6対0で勝利しました。


 そして今日を締めくくるのは、クリスマス会。これは、イベント紹介にてご報告します。

0 コメント

2014年

12月

13日

さわやかカップ 第2回戦

今日は、新Aチームのさわやかカップ2回戦が汐見台小学校で行われます。

対戦相手は 太尾パワーズさんです。

 

現在のブロック対戦表は

 白山フレンドジュニア 3勝0敗

 東本郷レインボーズ  0勝1敗1分

 太尾パワーズ           0勝1敗1分

 汐見台ラッキー     0勝1敗0分

 

トーナメント表はこちら

 

 試合結果は、7対4で汐見台ラッキーの勝利です。


声がよく出ていて、皆でピッチャーを盛り上げていました。特に4年生の声援がとても良かったです。

エラーもありましたが、皆で助け合い、大きく乱れることが無かったのが勝因です。

代打で出場したリョウマが5回表にピッチャー前に打球を転がし、走者を進めるバッティングをし、7回表にはライト前のヒットでダメ押しの1点を勝ち取りました。

いつも一生懸命練習に取り組んでいるリョウマのように、日替わりヒーローが出てくるととても強いチームになっていくことでしょう。

今回、久しぶりの勝利に選手皆が大喜び。勝つことの楽しさを実感してくれたことと思います。

 Aチームの一員として6年生と一緒に戦ってきてくれていましたが、その分練習ができなかったのかもしれません。新Aチームとなって、自分達が主役となる自覚を持ち、練習を精一杯真剣に取り組めば、おのずと結果はついてきます。

 また明日も勝ちましょう!


0 コメント