<<前の月                                       次の月>>

6月度

2014年

6月

29日

汐小大会A1優勝

集合写真
集合写真

 今日は、朝からの雨にも負けず、第2日目の汐小大会が開催されました。

天気予報では9時ころから晴れるというのがとても信じられないほどの雨雲でしたが、予報どおりの快晴です。とはいっても、水溜りが残っていたので、3チーム総出で水取りをしました。開催チームである森コンの子供達も一生懸命土を運んでくれていました。

 予定が変更され、一試合目はBチームの決勝戦からスタートです。

我が汐見台ラッキーは、第二試合目に登場。Aチーム3位決定戦でエスパーvs汐見台ラッキーA2の対戦となりました。ピッチャーはトモヤ、キャッチャーリクでのバッテリー。ラッキーの後攻で始まりました。

4回まで2対2の同点で進んだ5回の表、2アウトからの4連打で4点取られましたが、6回裏、トモヒロが四球で出塁、タクミのセンター前のヒットで3点目、キャッチャー後逸で4点目を入れましたが、追撃もここまで、ゲームセットとなりました。

 5年生チームとしてA2で出場、森が丘コンドルさんに7-8で逆転負け、そして今日のエスパーさんに6-4で負けとなりましたが、4月に比べると確実に力をつけています。

4回裏、3四球を選んで2アウト満塁で点が取れなかったのも痛かったですが、やはりエラーが失点につながっていると思いました。きちっと捕球しているのに1塁への失投で出塁を許すというミスをなくすことで確実に勝利に近づきます。

今日の悔しさをばねに、寿ライオンズ2回戦突破を目指しましょう。

 

 3回戦は、Aチームの決勝戦、汐見台ラッキーA1vs森が丘コンドルです。ピッチャーはコウタロウ、キャッチャーケンタロウの黄金バッテリー、ラッキー先攻での試合開始です。1回こそ1点のみでしたが、毎回得点で37点を取りました。7回表まで37対0で進みましたが、最終回2アウトからHRを打たれ1失点。

先週のエスパー戦でも最終回に1点、本日の森コン戦でも最終回に1点取られてしまいました。本日のHRの1失点は相手を褒めるとしても、今後は失点を如何になくすかを考えていってほしいです。

 

 さて2日間にわたる汐小大会も無事終わりました。汐見台ラッキーの成績は以下となりました。

 ・A1チーム優勝

 ・MVP A1チーム:コウタロウ A2チーム:トモヤ Bチーム:リコ(2年連続) 

 ・ホームラン賞 タツシ 

 ・猛打賞 ケンタロウ3本、タツシ、ショウゴ、ケイタロウ(汐見台ラッキーのみ)

 ・スピードガンコンテスト:ケンタロウ(99km/h)

秋に向けて、更なる成長を願いつつ、みんな素振りましょう。

 

【おまけ】

 今日は、汐見台ラッキー応援女子隊が試合を見に来てくれていました。これについていろいろ書きたかったのですが、妻の反対で書けません。裏ブログがあれば…。

ジュースおごりとかあるのですが。

1 コメント

2014年

6月

28日

霧雨じゃ。濡れても練習。

A、B合同練習
A、B合同練習

 今日はあいにくの雨模様でしたが、AチームとBチームが一箇所に集まっての練習となりました。

 午後からはA2チームの横浜寿ライオンズ杯があります。明日はA1、A2の汐小大会もあり、またBチームのさわやかカップもあります。そのため明日に備えての練習です。

 雨も降ったり止んだり、小雨のなかの練習となりましたが、時折大雨もあるなか、Bチームは雨の練習を結構楽しんでいました。

 選手同様、監督コーチもずぶ濡れです。お母さん方はベンチの中で練習を見守ります。私ももちろんベンチで雨宿り。

 ベンチから一歩下がって練習を見ていると、普段見えないものが見えてきます。

トスバッティングでの守備陣の動きの悪さ。打つ練習でもありますが、守る練習でもあることを忘れてないでしょうか。腰を落として、自分のボールでなくても常にボールの方向に動くようにと監督コーチに言われていると思います。

また、ロングティーの練習においてもボールを集めるときのぐだぐださ。何故チャッチャと集めないのか。これでは監督コーチのやる気が奪われてしまいます。

 6年生は、これから1戦1戦が大切な試合です。秋からの試合では、負けてしまうともう次はありません。後悔しないように、今から練習でも一つ一つの動きを大切に、その練習の意味を考えながら、常に頭を使った練習をしていきましょう。

 

 隣で読んでいた妻が一言。

 『何でその場で言わないの?後で言っても伝わらないよ。どうせ、子供は誰も読んでないんだろうし。』

 そうなのぉ~。う~ん、誰か読んでいたら、行動で教えてね。

2 コメント

2014年

6月

24日

2013年度 第13回 21世紀カップ新人戦

 去年行っていた21世紀カップ新人戦、今年の3月に準決勝を行い、そこから決勝戦が伸びに伸び、今月6月に行う予定でしたが、試合会場の都合などから2チームとも優勝という結果がホームページに載っていました。

 

皆さんいろいろ思いがあるかと思いますが、とりあえず優勝おめでとう!!

過去の優勝チームの写真を見るとメダル、トロフィー、表彰盾をもらっているようです。

金メダルもらえるのかな?

 

21世紀カップ新人戦歴代優勝チームはこちら

 

21世紀カップ新人戦を担当してくれたケイタロウ母。いろいろ大変だったと思いますが、お疲れ様でした。

 

0 コメント

2014年

6月

22日

汐小大会二日目は延期

 本日の汐小大会二日目は、雨のため延期となりました。

先週の一日目のときに、事務局の方が来週は雨だからどうしようか、などという話をしていましたが、本当に雨で中止となりました。最近の天気予報の精度はとても驚かされます。

 予報では午後は曇りということでしたので、森が丘コンドルさんが使用予定だった、汐小グランドをお借りしての練習を行いました。

 あの様な雨でも汐小グランドは全然問題なく使えるというのがまたまた驚きでした。

これまた天気予報どおり、午後は曇りでしたので通常の練習ができました。

 残りの時間を使って、昨日と同じメンバーに分かれての紅白戦を行いました。

今日のバッテリーは、ピッチャーをやってみたい人、キャッチャーをやってみたい人の希望を一部取り入れて新バッテリーもありました。

 汐見台ラッキーは、本人のやりたいという気持ちを尊重して、守備を決めることもあります。そこで新しい芽が出ることもあります。実がつかないときもありますが、大きな実が収穫できることもあります。

 さて、今日の新芽はどこまで伸びるでしょうか。機会があれば、成長報告をしたいと思います。

 

 ちなみに試合結果は、昨日はA組の勝利、今日はB組の勝利でどちらも1勝1敗の引き分けで幕を閉じました。

 全員参加の紅白試合です。なかなか試合を見ることが出来ないお父さん方、お母さん方、一度見に来られたらいかがでしょうか。とはいえ、毎回紅白戦を行っているわけではありませんが…。

 子供の成長はとても速いものです。この前までフライが捕れなかった子が捕れるようになっていたり、ヒョロヒョロ球を投げていた子がノーバウンドで返球したりと練習に参加していると実感できます。

 練習参加といっても座ってみているだけでもよいと思います。

私の場合、今6年生の息子が4年生の5月に入部して、1か月後の汐小大会で自分の子供が試合に出ているのを初めてみて感動し、7月くらいは素手や足で蹴飛ばして球ひろいをしていたのを当番で来ていた妻に見つかり、みっともないからグローブはめろと言われ、8月くらいにやっとグローブで球ひろいをして、車出しをするようになり、で練習を見に行くようになりました。子供のユニフォームと一緒に買ったラッキー帽子もかぶって練習に出るのは1年半後位でしたし、グランド整備を手伝えるようになったのも今年に入った1年8か月後位からでしょうか。

何せよ野球経験がないのでトンボをどのようにかけてよいかもわかりません。2年弱、じっくり観察してのネット張りやトンボかけです。他の子どもとキャッチボールしていても手加減してくれます。

 土日仕事だったり、子供が小さかったりなどで来れない場合もあると思いますが、とにかく自分の子供の成長を見に来ては如何でしょうか。

 自分の子供の成長は今しか見れません。下手な時を見ていないと成長しても感動が少ないかなと思ったりします。

 来週は汐小大会二日目。ぜひ一度来ては如何でしょうか。

0 コメント

2014年

6月

21日

新旧キャプテン

 今日の午前中は、A、Bチームともに汐見台小学校で練習です。

Bチームには、3名のお友達が体験入部に来てくれました。

私は、お昼前に練習に参加したため、写真は撮ることができず、残念ながら皆さんに紹介することができませんが、体験入部に参加してくれたお友達、どうでしたか。楽しんで野球ができましたか。楽しく野球を学ぶことが汐見台ラッキーのモットーです。是非またきて、写真を撮らせてくださいね。

 さて、午後の練習はAチームのみとなります。場所を変えての紅白試合を行いました。

 チーム編成は5,6年生混合です。今までに無かった紅白戦です。

先週から調子がよいセイナが2打数2安打、打点1、あらよあらよと3塁まで進む3塁打を打ちました。コウタロウも柵越えの満塁HRで4打点。ショウゴのランニングホームランやタクミの3塁打、リクの強烈なヒットなどがありました。

 途中から去年のキャプテンカイトが練習に参加してくれました。シニアのチームに入っていますが、今日は中学校の授業参観で練習を休んだとのこと、体を動かしに来てくれました。

 「声出せよぉ~」と懐かしい”活”が入りました。なんとなく静かになってきたチームにも徐々に声が出始めます。ベンチに戻るときも「走れ~」、守備につくときも「走って~!」。次から次へと指示が飛びます。

 う~ん、これがキャプテンというものですね。みんなを活気付け、そしてやる気にさせてくれます。

 最後のグランド挨拶も「一列にならんでぇ~!!」現キャプテンの間の悪さにも活を入れてくれました。

 カイトがキャプテンに任命されたときに、みんなが声を出してくれないという悩みがあったというのを卒団式のときにお母さんが披露してくれました。でも今は声を出させることができます。みんなの先頭に立ってお手本となることができます。現キャプテンも半年後には、どこまで前キャプテンに近づくことができているのでしょうか。

 練習後、旧キャプテンから新キャプテンにアドバイスがあったようです。

その内容は秘密ですが、少しずつでも変わってくれることを期待しつつ。

但し、カイトのまねをする必要はありません。今現在のラッキーのみんなの協力をもらって、タツシらしいキャプテンになればよいかと思います。

 

 カイト、今日はありがとう。また活を入れにきてください。

0 コメント

2014年

6月

18日

横浜DeNAベイスターズ野球観戦

 今日は、汐見台ラッキーとして横浜DeNAベイスターズ野球観戦招待に応募して、見事当選した野球観戦の日でした。

 雨の心配がありましたが、お昼過ぎにはすっかり天気となり、観戦日和となりました。

野球観戦参加選手は26名、 三塁側、バックネット方向での観戦となりました。

 対戦は、千葉ロッテマリーンズ。

試合では、タッチアップを矢のような送球でアウトにしたり、2連続ボークという、プロでもこんなことが…と驚いたり、プロらしい2本のホームランを間近で感じたり、とても見ごたえがあった試合のようでした。

ベイスターズファンが多いラッキーのみんなは、打撃爆発も見れてとても楽しんでいたようです。

 9時前後には磯子駅に着くように、横浜名物ジェット風船をみんなで楽しんだ後、7回の裏て帰りました。

 

野球好きの仲間で見るプロ野球観戦は、また一味違った楽しさがあったことでしょう。

 

【写真提供】タクミ父

ジェット風船準備
ジェット風船準備
ジェット風船飛ばし
ジェット風船飛ばし

【おまけ】

 野球を見て、とても燃えたラッキー少年二人。せっかく父が車で迎えにいったにもかかわらず、磯子駅から走って帰ってきました。

 さてこの燃える男二人は…。

 ショウゴとタツシでした。お迎えに行ってくれたショウゴ父、ありがとうございました。

0 コメント

2014年

6月

15日

汐小大会 クアドラプルマッチ

開会式
開会式

 今日は、毎年2回春と秋に行われる汐小少年野球大会の春の大会一日目が開催されました。

この大会は、汐見台小学校をホームグランドとしている、エスパー、森が丘コンドル、そして汐見台ラッキーの3チームで戦う少年野球大会です。

 5,6年生を中心としたAチーム、4年生以下のBチームでそれぞれ総当たり戦で戦います。今年のAチームは、汐見台ラッキーから2チーム登録したので、トーナメント戦となりました。

 本日4試合、すべてラッキー戦です。A1チーム、A2チーム、そしてBチームがダブルヘッダーなので、汐見台ラッキーとしてはクアドラプルマッチとなりました。

 結果は1勝3敗で、汐見台ラッキーとしては負け越してしまいました。

 【結果内容】

   汐見台ラッキーA1 vs エスパーA      13-1

   汐見台ラッキーA2 vs 森が丘コンドルA   7-8  

   汐見台ラッキーB  vs エスパーB       7-10

   汐見台ラッキーB  vs  森が丘コンドルB     1-15  

 

 初めてAチームの試合を見た選手や親御さんたち、同じように初めてBチームの試合を見た選手や親御さん達、どうだったでしょうか。

 なかなかみんなが一同に集まる機会は少ないかもしれませんが、これが汐見台ラッキーのメンバー達です。そしてお父さん、お母さん達です。

 Bチームの試合が終わったあとで、監督がみんなにかけた言葉は、『試合面白かった?楽しかった?』です。結果は負けたのですが、みんなは面白かった、楽しかったと言っていました。もちろん負けて悔しいと思っている子もいますが、初めて試合に出た選手は楽しかったのだと思います。

 これが汐見台ラッキーのモットーです。

 力強く、強いチームワークのあるAチーム、元気で楽しく野球を学ぶBチーム。もっともっとお互いのことがわかるとよいですね。

 

 野球を始めてみたい子がいたら、是非汐見台ラッキーに遊びに来てみてください。

きっと上記の内容を実感してくれると思います。

 

 4試合の公式試合が終わった後、6年生によるホームラン競争と5,6年生によるスピードガンコンテストがありました。

 毎年春と秋との成績を比べるとみんなが格段に成長しているのが分かります。

ホームラン競争では、汐見台ラッキー主将のタツシ1本だけでしたが、秋になると毎年増えているので楽しみです。

スピードガン競争では、90km/h以上出た選手が汐見台ラッキーには5名いて、なかでも汐見台ラッキー副主将二人、ケンタロウの99km/h、コウタロウの98km/hは、圧巻でした。

 

 そして今日は父の日。皆さん、子供からプレゼントをもらったのではないでしょうか。初試合だったり、初ヒットだったり、初盗塁だったり、初打点だったり。人それぞれプレゼント内容は違うかもしれませんが、よい一日を過ごせたのではないかと思いつつ、
今日はここまで。

 

0 コメント

2014年

6月

14日

浜小授業参観

 今日は、浜小学校の授業参観があり、Aチームは10人での練習でした。

明日の汐小大会に備えての練習ではありますが、人数が少ないなりの密度の濃い練習となりました。

 午前中は、基本的にトスバッティング。みんな自宅で練習しているのか、なかなか調子がよさそうです。

 ケイタロウは、手のマメが潰れ、皮がベロッと剥けて、とても痛そうです。しかし、練習は裏切りません。明日の猛打賞、期待しています。

 

 午後は、練習場所が変わり、またBチームも合流しての練習となりました。

当然Bチームとは別メニューなので、Aチームは午後も10人です。

Bチームも浜小授業参観があり14人での練習となりました。

人数はいつの間にかBチームの逆転です。

 

 Bチームは明日、ダブルヘッダーです。明日の試合に備えて、試合形式の練習をしました。

新しいユニフォームで試合に臨む選手もいるかもしれません。2試合、目一杯声を出し、普段の練習どおり試合に臨みましょう。

 

 Aチームも試合形式の練習でした。3人で1チームを作り、自分たちでサインを出し合いながら3回交代で試合形式の練習をしました。

3人抜けると7人で守備となりますので、そこでお父さん方の登場となりました。

 バントやエンドラン、盗塁など各チーム毎に特徴のある試合となりました。

 

今日の練習が明日に生かせるように、チーム一丸となって汐小大会に臨みましょう。

 

【おまけ】

 3人試合の時に、生涯2度目の主審をしました。とても厳しい審判と有名です。

普通の審判ならストライクを取る球も、平気でボールと言うつわものです。

 今日もハヤト-ケイタロウのバッテリーで3つほどボールと言ってしまいました。

キャッチャーケイタロウに「えっ、今のボール?」とつぶやかれ、コウタロウ-タツシのバッテリーの時もいきなり四球を宣言しましたが、2個ほどストライクがありました。

それは、コーナーを突くのではなく、正々堂々とど真ん中で勝負して欲しいからです。

 

 

なんてね。堂々と見逃されると自信がないのでついついボールといってしまうのでした。

 本当にすんません。

14人での練習
Bチーム練習風景

明日の試合に向け、実践練習するBチーム

Aチーム練習風景
Aチーム練習風景

守備ノックを受けるAチーム。

Aチーム練習風景その2
Aチーム練習風景その2

最後は通常通り、シートノックで練習を締めくくり。


1 コメント

2014年

6月

08日

午前練習5年生以上

今日は、急遽午前中のみ練習となりました。

急な案内のため、希望者のみの練習となりました。

前日の雨でも、水はけのよいところはあるようで、無事練習できました。

来週から汐小大会が始まります。

汐見台ラッキーからは3チームの登録です。

Aチーム、Bチームともダブル優勝できるようにがんばりましょう。

 

関係者ページに汐小大会の実施要綱を載せていますのであわせてご一読ください。

 

以上です。

 

0 コメント

2014年

6月

07日

練習中止、汐見台小学校運動会中止

 今日は、昨日からの大雨にて練習が中止となりました。

また、汐見台小学校の運動会も月曜日に延期になりました。

 

 今日時間のある選手は先週の試合の画像を関係者ページの動画特集に載せてあるので、見直してみたらいかがでしょう。

 もちろんお父さんお母さんもどうぞ。関東学童少年野球大会の3位入賞授与式の画像も載せています。

 

 今回の画像アップにはユウタ父の協力を得ました。ありがとうございました。

 また、学年別の集合写真も載せましたので。関係者ページを確認してください。


明日の練習は、朝判断となりますので連絡網をご確認ください。

3 コメント

2014年

6月

05日

タウンニュース磯子区版

本日のタウンニュース磯子区版の一面に、磯子レディースコスモスの記事が載っていましたのでラッキーレディース通信に載せました。

 県内から14チームが出場し、初代チャンピオンを競う第一回件女子学童選抜野球大会に磯子区選抜として16人の女子選手でチーム編成し、出場しています。

 今回は惜しくも初戦敗退となったのですが、ラッキーから出場した、ハルカ、リコ、ユウカにとってはよい経験になったかと思います。

 画像を撮った方は是非ご連絡ください。

 

 この記事の下にあっとほーむデスクというコラムがあります。

『女子学童野球大会に出場したレディーコスモス。選手たちは普段、区内の少年野球チームでプレーしています。男子が多い中、出場機会に恵まれない選手も多いそう。鈴木監督が選手にかけた「秋の大会では十分のチームでレギュラーを獲るんだぞ」という言葉はとても印象的でした。練習試合では敗退を繰り返していたという彼女達。強豪相手に検討する姿に涙を浮かべた関係者の姿も。ちなみに、レディーコスモスは美少女揃い。みなさんにも彼女達のキラキラした笑顔を見てほしかったな。』

 

【情報提供】

リコ母

0 コメント

2014年

6月

01日

関東学童軟式野球準決勝とYBBL本部大会2回戦

 今日、汐見台ラッキーはトリプルヘッダーでした。

 午前中Aチームは関東学童軟式野球大会の準決勝で戸塚アイアンボンドスさんと、午後はYBBL本部大会2回戦を元宮ファイターズさんと、Bチームは午前中にリスト杯争奪ジュニア大会で丸二少年野球部さんとの試合でした。

 結果は残念ながら3戦全敗、vs戸塚アイアンボンドスは0-7のコールド負け、vs元宮ファイターズは0-3、vs丸二少年野球部とは0-10のコールド負けでした。

 

 負けたからこそ学べること、そして気づくことができることがあると思います。

今日の負けを一つのきっかけとして、皆が何を感じたかが重要なのかもしれません。

 人それぞれが自分なりの感じ方があると思います。悔しいと思う人、よくやったと思う人、このままではいけないと思う人、そして何も思わない人。

 この問いに対し、算数のような正解はありません。どれもが正解です。

ただしチームとして一つの解を全員で考えてほしいと思います。

そこには、監督、コーチ、もちろん親もいません。6年生を中心として自然にみんなで話し合ったりできれば最高かと思います。やらされていると思った時点でそれは終わりですが。

 

 今日の反省会で監督コーチが言っていたことがすべてです。

 

 私も一人の親として今日の試合を見ていると、君たちがこれからもどうしていきたいのかなぁと感じています。

 負けるのが悪いのではなく、負けから学ぶことがないのかなぁということです。

せっかく負けたのだから、そこからいろいろ学んでほしいのですが…。

関東学童軟式野球大会第3位

試合前挨拶
試合前挨拶

 関東学童軟式野球大会は戸塚アイアンボンドスさんと準決勝を戦いました。

 ラッキーの先攻で、ピッチャーはケンタロウ、キャッチャーはタツシのバッテリーでの試合開始です。結果は5回コールドの0-7での完敗でした。エラーやミスによる失点が多かったと思います。

 準決勝でコールド負けというのもいろいろ考えさせられます。

勝つということは大会で戦って勝ってきたチームの代表として戦い続けなければならないということです。コールド負けということは、ラッキーに負けたチームに対しても申し訳ないことになるのではないでしょうか。

 ですが、横浜市予選で第3位という成績は立派だと思います。

もっと胸を張ってもよいのでは、と思います。

 

YBBL本部大会第2回戦

試合前挨拶
試合前挨拶

 午後の試合は元宮ファイターズさんとの試合でした。

元宮ファイターズさんには、2012年のYBBL春のブロック大会の2回戦で対戦し1-3で負けています。

 ラッキー先攻で、ピッチャーコウタロウ、キャッチャータツシのバッテリーでの試合開始でした。

 結果は、0-3で負けました。 

コウタロウの好投もむなしく、やはりエラーやミスで負けたような試合です。

昨日の試合を見ていて、勝因はエラーがなかったことと書きました。声を出し、自分から積極的にボールを取りに行きました。失点が0に抑えれば負けることはありません。

打線が打つから勝つのではなく、失点が0だから負けない。

こんな考え方もあるのではないでしょうか。

 

3 コメント